お薦め情報

その他・お薦め情報


入浴について

ほぼ毎日のように皆さんは入浴をすると思います。この入浴の方法でも免疫力を高める方法があるのです。最近では平熱が36度よりも下回る低体温の人が増えているそうです。

実はこの体温と免疫力には深い関わりがあるのです。体温が脇の下で計測して36.2度から36.3度の人は免疫力が保たれているといえます。

平熱が36度以下の低体温の人は免疫力が下がってしまっているという事です。この低体温を解消することが免疫力アップに繋がります。

体を温めることでヒートショックプロテインというタンパク質が活性化されます。ヒートショックプロテインは傷ついてしまった細胞を修復する働きがあります。

また免疫力を上げる効果も研究の結果で発表されています。免疫力があがる入浴の方法ですがまずは常温で500ミリリットルの水を飲みます。

42度のお湯に10分浸かります。42度では熱くて入れないという人は湯の温度を41度に設定して下さい。41度のお湯に浸かる場合は15分浸かります。

41度でも熱いという人は湯の温度を40度にして20分浸かって下さい。湯船に10分から20分間浸かっているというのは、いざ行ってみると結構長い時間に感じます。

本をバスルームに持ち込んで読んだり、歌を口ずさんだりしながら飽きないように湯船で身体を温めましょう。一曲の曲の長さは4分から5分くらいの曲が多いですから2曲~5曲くらい口ずさんでいる間お湯に浸かることになります。

しかしのぼせてしまうほど無理をして入用をしてはいけません。せっかく免疫力を高めようと入浴を行うのに逆に体調を崩してしまう事になります。

出来るならお湯に浸かっている時に湯船の蓋を閉めて首から上を蓋から出して入浴するとより効果的です。浸かり終わったら素早く身体をタオルで拭きます。

その後10分から15分程度、タオルや毛布、布団などで身体を包み体温が逃げないように保温をします。体の保温が終わったら常温の水を500ミリリットル飲んで水分を補給します。

この入浴の仕方を一週間に2回ほど行ってみてください。この入浴の方法でヒートショックプロテインが活発になって、免疫力をアップさせることが出来ます。