免疫力を高める食べ物.com » 腰椎すべり症について

すべり症・分離症

腰椎すべり症について

すべり症は腰椎分離症の発展したものと捉えることが出来ますが、非常に強い腰痛、下半身の痺れ、歩行困難などになる恐れもあります。また、子供にも多くみられ、特にスポーツを過度にしすぎるといったことでよく発症するようです。

保存療法もたくさんありますが、骨折した箇所の再結合などがかなり難しいということから、自然な治癒を望むのはあまり実効的でありません。コルセットによって腰痛を抑える効果がありますが、ただの痛み止めであると解釈するのが正しいでしょう。

手術の場合は金属などで固定するボルト式のものになります。腰椎すべり症の痛みはそれほどないことが多いようですが、足がしびれたりたまに痛みも伴うでしょう。また、腰椎すべり症は老化によるケースが多く、分離症から併発する腰椎分離すべり症、変性すべり症、外傷性腰椎すべり症などがあります。

腰椎分離すべり症は前かがみになった時に腰に違和感が出て、つっぱった感じもあります。また変性すべり症は足が痺れることが多いようです。すべり症になった場合、安静にしておくことが最も大事でしょう。

筋肉の緊張を出来るだけ治め、全身を休めることで、疲労感を減らし、血行を改善することによって筋肉にも栄養を与えることが効果的です。また、椎間板も硬くなっている状態ですので、出来るだけやわらかくしなければなりません。

筋肉をリラックスさせるためには色々な方法がありますが、やはりぬるいお湯につかったり、暖かいタオルをあてたり、マッサージ器なども効果があるでしょう。

しばらくすれば歩くこともできるでしょう、その時点ですぐにでも整形外科やペインクリニックで診てもらうとよいと思います。

腰痛やすべり症などに効果のある予防、撃退方法は腹筋を鍛えることである、とよく聞きますが、無理をしないでストレッチするような感覚でするのが効果があるようです。