免疫力を高める食べ物.com » 鍼灸で生理不順を解消する

鍼灸院・カイロ

鍼灸で生理不順を解消する

生理不順は生理持続の期間と出血量などに異常がある状態です。

生理周期が短い、長い、などとよく言われますが、出血の量が多い、少ない、また痛みがひどい、出血の期間が長い、などの状態になる場合もあります。


月経とは、排卵後の受精が起こらなかった場合、子宮の内膜が剥がれ、血とともに子宮口と膣を経由して体外へと排出される動きです。また妊娠すれば出産後の数ヶ月程度経過するまで月経が停止します。

生理不順になるのは、疲労やストレス、ダイエットや肥満体質、運動不足、腫瘍などが主な原因ですが、そのまま放置すると不妊症を引き起こす場合もあります。

3ヶ月以上生理がこない、常に2ヶ月に1回程度、生理の周期が39日以上、生理周期がどんどん短くなっている、などの場合はできるだけ早期に婦人科の受診が勧められます。

またもっと体調そのものをよくしたい、妊娠に備えて万全な体づくりをしたい方には鍼灸治療がお勧めです。自律神経やホルモンバランスを整え、子宮も卵巣もより動きがよくなるようにすることで、定期的な安定性のある生理がくるように改善することができます。

肩凝り、冷え性などの婦人科特有の症状の改善にも効果があります。腰や足首などのツボ、卵巣、子宮などと関連の深いツボを刺激し、また自律神経の働きを改善することで、卵巣も子宮も正常に働くようになります。

最近の生理不順の患者さんの多くは、ストレスが原因で自律神経を乱し、ホルモンにも大きな影響が起こっています。この場合も鍼灸はよく効く治療法です。

鍼の他にはお灸もしますが、ホームケアとして自宅灸を勧める場合もあります。通院は週に1回程度ですので、ほぼどなたにとっても好都合です。

西洋医学、婦人科ではホルモン治療を用います。またこの方法では治らない、という場合は婦人科でも鍼灸を勧めるケースが多くあります。鍼灸療法ではもちろん投薬のような副作用もなく、より確実に治療を進めることが可能です。