免疫力を高める食べ物.com » 五十肩のアイシング

四十肩・五十肩

五十肩のアイシング

五十肩の治療において大切なのが、冷やすことと温めることの併用です。炎症があって痛みが大きい急性期では特に患部をよく冷やしていくことが大切ですが、運動をして可動範囲を広げることを試行することが多くなる慢性期では逆に温めることが多くなります。

五十肩では急性期はできるだけ温めないように注意し、慢性期では冬になったからといって冷やしすぎることがないようなケアも必要です。

痛みがそれほどなくても五十肩の炎症が起きている場合は温めずに冷やすことが必要です。炎症は患部が赤く腫れている、熱を持っている、ということで判断が付きます。また一度炎症が治まったからといってすぐに今度は温めることをせずに、炎症が再発するかどうかを見極めることも大切になります。

五十肩の患部を冷やすにはアイスパックを当てたり、保冷パックなどを用いるなど、様々な方法があります。できれば冷やした状態を崩すことがないような工夫も大切で、病院でそのような器具を適用される場合もありますが、市販のものでも固定具を用いることができるものが幅広く販売されているようです。

家庭用のものでタオルなどで巻きつける場合に注意しなければならないのは、アイシングのしすぎです。30分以内に抑えて、1時間程度休む、というような工夫が必要です。夜間であれば30分程度で冷感が収まるようなものがよいと思います。

保温への移行のタイミングは患者さんそれぞれの五十肩の症状によって決定されます。アイシングを停止するのは炎症が十分に治まった後が適切ですが、炎症が治まっても過度に動かすなどしてしまうと再発することもあります。

五十肩の治療は長期間続きますが、アイシングする期間はそれほど長くありません。できるだけ効果的にアイシングして五十肩の炎症を抑え、リハビリ期に早く入れるようにすることが大切です。

十分に腫れが引いたと思ったら、病院に行って保温してリハビリを開始してもいいのかどうかを確認することも大切です。