免疫力を高める食べ物.com » 変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症

変形性膝関節症の治療法

歳をとっていくと大抵の方は徐々に体は衰え、体のどこかで不具合が生じることもあるでしょう。その中で、中高年になり、ひざに痛みを感じる場合には、その多くが変形性膝関節症によるものと考えられます。

変形性膝関節症は進行性で慢性的なひざの痛みを症状とします。この変形性膝関節症を患ってしまった場合の治療としては大きく2種類が挙げられます。

一つが保存療法、もう一つが手術です。ただ、現代の医療においては後者の手術は一般的な治療とはなっておらず、多くが保存療法を施して最大限ひざへの負担を減らし、痛みを軽減していくという方針です。

変形性膝関節症治療の具体的な保存療法の内容について言及すると、一つにその効果は非常に有効であり、良く用いられている運動療法があります。運動療法とはその名の通り運動、つまりリハビリなどを行うことで症状の改善を期待します。

運動療法の基本的な目的は、ストレッチなどを行うことでひざの動作をスムースにすること、またその可動範囲を広げるということがあります。

もう一つがひざの動作を補助する役割を持つ太腿や膝の筋肉を鍛えるトレーニングをすることで、ひざへの負担を減らすことです。

他にも変形性膝関節症の患部を温め、痛みによりこわばってしまっていた筋肉をほぐし、血行を改善することで新陳代謝を促進する温熱治療などを行う物理療法もあります。

これは運動療法と同じく自宅で行えるために非常に有効な治療とされています。逆に、腫れや熱が発生した場合には患部を冷やす冷却治療もあります。

さらにこれらに加え良く利用されるのが薬物療法で、薬による効果で一時的にではありますが、激しい痛みなどを鎮めることが出来ます。

あくまで一時的なもので完全に治すわけではありませんが、炎症を抑えて痛みなどの変形性膝関節症の症状を軽くすることが出来るので、運動療法や物理療法の補助的な役割として使用することで、それらの治療の効率をさらに高めることが出来ます。

このような保存的な治療が一般的に行われています。変形性膝関節症では手術はいわゆる最終手段という位置づけです。