免疫力を高める食べ物.com » 意識をすること

意識をすること

普段の日常生活で、もしくは今までたどってきた人生で健康について深く考え、意識した事はあるでしょうか。

学生生活での健康診断は大まかに身体の成長お計り、大まかな病気を調べるようなものとしか認識していない人が多かったと思います。そういった事を除く自分の身体の健康を意識する事はなかなか少ないかもしれません。

自分の身体を気にする人は、身近な人間が病気になったりとして実際に自分にも起こりうるのではないかと思ったときや、自分の身体が健康体の時と違ったりする面を発見した時だと思います。

逆にいうとそれ以外で自分の健康を気遣う事はなかなか難しいとも言えると思います。自分が怪我や病気とはほとんど縁がなさそうなくらいに元気なときは自分の身体を気遣う事を疎かにしてしまいがちになるでしょう。

健康ゆえに健康を気遣えないというのは怖い事です。では、そもそも健康とはなんなのでしょうか。一般的な健康のイメージですと、病気や怪我がない元気な状態と考える事が多いと思います。

確かにそういった認識でも全く問題ないのですが、他にも心の状態や生活環境などの内容も健康という事に含まれるという事も聞きます。

心が病んでいたら心が健康ではなく、日常生活がだらしなく、まともに仕事もしていない状態だと不健康といった考えもあるみたいですが、正しい事だと思えます。

健康という言葉の意味を身体の事とだけ考えずに、人間として生きるトータルを見て健康か不健康かという事になるのでしょう。

食生活のバランス、正常な精神を持つ、社会に恥じない生活を送る、これらのどれかが欠けているだけで完全な健康とは言えなくなってしまうという考えも面白いと思います。

つまり、健康を意識するという事は、それらを全てひっくるめて意識し、改善する事が必要になってくると思います。