免疫力を高める食べ物.com » ツボについて

ツボについて

古くから私達に親しまれてきた東洋医学のなかでツボを押すという方法があります。風邪をひきやすくなったり以前よりも疲れやすくなったと感じる人は免疫力が下がっている可能性があります。

免疫力を上げる事の出来るツボをご紹介しますので、試してみて下さい。人差し指と親指の間にある合谷(ごうこく)と呼ばれる部分です。この合谷は万能のツボとも呼ばれています。

この合谷の部分に反対の手の親指を当てます。そして他の指で挟み込むようにギュッと押し込むようにします。少し強めに押して刺激を与えます。片方の手の合谷を押し終わったら反対の手の合谷も押してみましょう。

この部分を押すことで免疫力をあげることが出来るだけではなく喉の痛みや鼻が詰まっている時、咳が出るときや頭が痛い時などの風邪の症状にも効果があります。もう1つ免疫力をアップさせることが出来る場所をお教えします。

膝の裏にある足三寸という部分も免疫力を上げる事が出来る部分です。膝の皿から指4本分ほど下がった、膝の裏にこの足三寸はあります。足三寸を指で刺激します。またゴルフボールをコロコロと転がしながら刺激を与えるのも良方法です。

この足三寸ですが、座ったままでも押して刺激ができる場所ですからデスクワークを行っている最中にも簡単に実践してみることことができますね。

足三寸には免疫力を高めるだけではなくスタミナの増強やむくみを解消することも出来る部分なので、是非、試してみて下さい。手の指の爪が生えている部分の爪の付け根部分を薬指以外を一本ずつぎゅっと挟むような感じで刺激をしてみましょう。

芯を出していないボールペンなどの硬いものでぎゅっと押してみても免疫力を高める同じ効果が得られます。少し疲れたな、と感じた時なや時間が空いた時に手の爪の付け根部分を押すことは自分自身で簡単にできる免疫力を高められる方法です。

また効果のあるツボを刺激することによって血流もよくなります。あまり動かずに長時間同じ作業を続けていると筋肉は動かずに硬くなっていきます。そうすると血行も悪くなってしまいます。

同じ姿勢を続けている事は体の一部分にだけ長時間負担がかかっている状態になるので身体にもストレスをかけることにもなります。

ストレスは免疫力を下げてしまいますから、ツボを刺激し気分をリフレッシュさせましょう。刺激することで気分転換、血流の流れをよくするなどの体調の改善が同時に行えます。少しの時間でも構いませんのでツボを刺激して免疫力を高めてみましょう。

最初はなかなか効く部分がどこなのか、迷う事もあるでしょう。しかし、慣れてくれば気持ちが良いと感じる場所や押す強さなどの加減もわかってきて簡単に刺激をする事が出来るようになります。

時にはプロの整体やマッサージなどを受けるのも良いですね。気分転換にもなりますし、体の血行を良くしてもらうことで代謝のアップにも繋がります。気分転換も出来ますからプロの手を借りるのもよい方法です。

整体にかかると自分でも気づいていなかった身体の歪みもわかり、歪みの矯正を行う事によってさらに健康的な身体を手に入れる事が出来ます。食事のバランスや適度な運動も行って免疫力の強化に努めましょう。